未経験からスタートできるe-MACSに注目しておこう

目的に合った導入の大事さ

レジ

経営のパートナーたる機械

レジは金銭管理はもちろん、顧客獲得にも関わる重要な機械です。だからこそ、レジを導入する際にはしっかりと目的を持たなければなりません。まず大事なのが、金銭管理を簡略化することです。商品の金額計算は最低限の機能です。金額計算に加えて、商品ジャンルの区分けや売上個数の記録と、レジは経営のサポートもしてくれます。データ保存可能なレジは、SDカードを用いるもの、もしくはネット回線につないで直接PCへデータを送信するものから選べます。レジが1台で済み、データ分析の時間をゆっくり取れるならば、SDカードタイプのものでいいでしょう。しかし複数のレジを導入するのであれば、ネット回線を利用するタイプがおススメです。ネット回線から直接PCにデータを送ってくれるので、SDカードを抜き差しする手間が省けます。複数店舗を経営していても、データ混同の心配がいらない点もメリット。レジに求めるのは金銭管理だけではありません。お客様の目線で見れば、レジに求めるのは見やすいレシートです。見やすい濃さの印字が可能か、店舗名と電話番号の掲載が可能か、といった印刷機能にも気を配りましょう。また、レシートの代わりに領収書を求められることもあります。レジに領収書機能が備わっていれば、別途領収書を用意しておく手間が省けます。また、手で記入しなくとも印字した状態で出てくるので、大変便利です。