若々しい見た目を維持しよう|自分に合ったスキンケア用品を探すべし

化粧水と乳液の効果

美容液

美肌成分を配合している

スキンケアをしている人であれば、何らかのスキンケアアイテムを所有しているはずです。スキンケアアイテムの基本は化粧水(ローション)と乳液(ミルク)の2つです。化粧水は角質層に保湿成分を与えて、柔らかくするために使うアイテムです。また、配合している成分をチェックすることで、自分がなりたい肌や改善したいトラブルなどスキンケア目的に合った化粧水を選ぶことが出来ます。くすみやシミが気になるなら、ビタミンC誘導体やアプレシエなどの美白成分配合の化粧水がおすすめです。乾燥を改善したいなら、保湿効果が高いヒアルロン酸やコラーゲンが有効です。シワなど肌の老化が気になる場合は、ターンオーバー促進作用があるプラセンタエキスやコエンザイムQ10配合の化粧水が効きます。乳液は化粧水をつけたあとに塗ると、しっとりと馴染みます。水分をベースにして出来ている化粧水とは逆で、乳液は油分をベースにして出来ています。水分だけつけっぱなしにすると乾燥しますが、乳液を塗ることで保湿効果が高まり、モイスチャーバランスが正常になります。乳液に配合されている美肌成分は基本的にオイル系です。セラミドもオイル系の美肌成分の一つです。セラミドには肌のバリア機能を高める効果があり、使い続けると紫外線や乾燥などの外的刺激に強い肌になります。ヒト型セラミドと植物や動物由来の非ヒト型セラミドがあり、ヒト型のほうが保水効果が高いと言われています。

おすすめ記事一覧

化粧水

肌に合う商品を選ぶ

日頃どんなスキンケアを行うかによって肌の状態が決まります。若い時はケアをしなくてもハリのある肌を保つことができますが、年齢とともに肌年齢も上がります。若々しい肌を保たせるためには自分に合った化粧品を使い、正しいケアを行うことが大切です。

女の人

効果を発揮するために

肌は人それぞれ違いがありますが、スキンケアアイテムを選ぶときには肌へ刺激を与える成分が極力少ないものを選びます。またスキンケアアイテムを使う順番にも気をつけることによって、スキンケアアイテムが持っている力を実感することができます。

スキンケア

朝と夜のお手入れ

朝のスキンケアと夜のスキンケアでは目的が若干違います。朝はファンデーションが綺麗に持つように、肌のコンディションを整えるためにします。夜は一日で肌についた汚れやメイクなどをオフするためにスキンケアをします。