未経験からスタートできるe-MACSに注目しておこう

安い費用でも導入が可能

IT

費用対効果

小売店や飲食店においては、多数の商品を販売するため会計の処理が煩雑になります。特に1日に取り扱う商品点数が多いため経理処理にも負担が掛かりますが、そのような負担を軽減するシステムがposです。posは販売時点情報管理とも呼ばれるもので、レジなどに入力された情報をサーバーと呼ばれるコンピューターにリアルタイムで転送して売上を正確に管理するというものです。posを導入している業種としては大手のファーストフード店やコンビニエンスストア、複数の店舗を展開している小売業者などが知られます。特に大規模に店舗を展開している業種においてはposレジは欠かせないものといえます。しかし、posレジは通常のレジとは異なって価格が高いものです。1台あたりのposレジの価格はカウンターなどを含めて最低30万円程度は必要で、さらにそれらを運用するシステムを導入するにも費用が必要です。そのため、相応の売上がある業種でしかposを導入がされていませんでした。しかし、現代ではITによって新しいposが登場したことによって、導入できる業種の幅が広がっているのです。新しいposでは専用のレジスターの使用ではなく、タブレット端末を使用します。タブレット端末は価格が高いものでも10万円程度とされています。しかし、価格が5万円程度のものでも十分に使うことができます。またposのシステムは、インターネット上で提供されているクラウドサービスを利用するのがよいでしょう。そうすることで、システム構築に掛かる費用を最小限に抑えられます。さらにランニングコストも抑えることができるメリットがあるのです。そのため、売上が少ないお店でも十分に費用対効果を得られることができます。