未経験からスタートできるe-MACSに注目しておこう

会計を効率化する

男女

タブレット化のメリット

飲食店を経営している上で、ネックとなるのが会計です。飲食店での流れとしては、オーダーを取り、飲食物を提供し、代金の支払いを行います。テイクアウトの場合には先払いとしたり、会計を省略するため食券とする場合もありますが、現在でも一般的な飲食店では飲食後の後払いが一般的です。しかし、この仕組みの場合には会計が混雑する原因にもなりますし、紙による伝票では支払い時のミスが発生したり、後から追加注文を行うようなタイプの飲食店の場合には、フロワスタッフの負担が大きいものです。このため経営を行う上では会計処理を効率化するためのシステムが必要になります。その会計処理を効率化する方法としては、タブレット端末を利用するものがあります。この場合にはフロワスタッフがタブレット端末を持ち、オーダーをタブレットから行うというもので入力されたデータは厨房の端末に送信され、またサーバーに保存され会計時にも呼び出すことで処理が可能です。またクレジットカードや電子マネーでの決済であれば、その場での決済処理も可能です。また飲食店を経営する際にはお店の雰囲気作りが重要ですが、タブレット端末を利用すればレジスターよりもスタイリッシュなお店を作ることができます。また飲食店では多くの点数を提供するため会計処理が煩雑になりがちですが、タブレット化することですべてのデータをデジタルデータとして記録されるので、リアルタイムで把握できるのでデータを経営に役立てることができます。