若々しい見た目を維持しよう|自分に合ったスキンケア用品を探すべし

朝と夜のお手入れ

スキンケア

それぞれの違い

夜寝ていた間に出た皮脂や汗などの汚れを取るためにするのが朝のスキンケアです。それにプラスして、ファンデーションが一日中つけたての状態をキープできるように、肌質を整えることも朝のスキンケアの目的の一つです。ファンデーションのノリを良くし、一日中綺麗な状態で持つようにするには、肌の油分と水分のバランスがちょうどよい状態になっていることが理想的です。洗顔をしたあとに化粧水と乳液で保湿をして、そのあとに化粧下地や日焼け止めクリームを塗ってからファンデーションをつけます。ファンデーションのあとにはフィニッシュパウダーを抑えるようにつけると、皮脂や汗によるメイク崩れが軽減します。その日一日ぶんのメイクや皮脂や汗などの汚れを落とすためにするのが、夜のスキンケアです。まずクレンジング剤でファンデやリップやアイメイクなどの油汚れをオフします。クレンジングは脱脂力が強く肌に負担がかかりやすいので、強くこすらないようにメイクの油分を浮かすようにして優しく使うことが大切です。クレンジングでメイクを落としたら、朝と同じように化粧水と乳液で肌に水分や油分を与えます。慌しい朝と違って、夜はゆっくりスキンケアをする時間がとれる場合が多いです。時間に余裕があるなら、ピーリングやパックをしたり美顔器を使ったりして肌を労わるのがお勧めです。ただし、必要以上に美顔器を使うと肌の甘やかしに繋がるので、適度に使うことが重要です。

おすすめ記事一覧

化粧水

肌に合う商品を選ぶ

日頃どんなスキンケアを行うかによって肌の状態が決まります。若い時はケアをしなくてもハリのある肌を保つことができますが、年齢とともに肌年齢も上がります。若々しい肌を保たせるためには自分に合った化粧品を使い、正しいケアを行うことが大切です。

女の人

効果を発揮するために

肌は人それぞれ違いがありますが、スキンケアアイテムを選ぶときには肌へ刺激を与える成分が極力少ないものを選びます。またスキンケアアイテムを使う順番にも気をつけることによって、スキンケアアイテムが持っている力を実感することができます。

スキンケア

朝と夜のお手入れ

朝のスキンケアと夜のスキンケアでは目的が若干違います。朝はファンデーションが綺麗に持つように、肌のコンディションを整えるためにします。夜は一日で肌についた汚れやメイクなどをオフするためにスキンケアをします。